海外メーカー

マニュアル翻訳だったら

製品を製作する際に、海外で生産しているメーカーも増えてきています。そうした製品のマニュアルは英語表記のことが多く、国内で販売する際には不便なこともあるでしょう。 もし、そんなマニュアルの翻訳をしてもらいたいのならば、専門業者に依頼してみることをオススメします。自社の社員の負担を減らすことができますし、お手頃な価格で翻訳してもらうことができるためとても便利です。 また、従来はマニュアルの翻訳だけでデータが手渡されるケースもありましたが、最近では日本語にしたものを印刷までしてくれるサービスも増えてきています。 興味がある方は気軽に専門業者に相談してみると、きっと納得のいくマニュアル翻訳をしてもらうことができるでしょう。

マニュアルの翻訳って何?

マニュアル翻訳とは技術系の翻訳のことを意味します。マニュアル、つまり取扱い説明書を翻訳するということです。翻訳会社の中には、マニュアルを専門に請け負っている会社もあります。そういうところでは、専門用語に長けており、より正確に翻訳してもらえる可能性が高くなります。 英文和訳と和文英訳のように両方からの翻訳を請け負っているのが一般的ですが、値段は外国語に訳すほうが高く設定されているのが普通です。また、値段は1文字あたり、1ワードあたり何円という計算になるのがほとんどです。ただし、マニュアルまるまる1冊で見積もりをお願いする方法もあります。 さらに、翻訳支援ツールの登場により、マニュアルのような同じ単語がよく出るものの翻訳はスピードアップしつつあります。この先、ますます早い対応が期待できるようになるでしょう。